片野てつお 元気出せ村上!
新潟県村上市で町づくりに取り組む「片野てつお」 が、ふるさと村上への思いを発信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鍛冶町春神楽 H26.5.8」
5月8日 きょうは鍛冶町十二所神社の春神楽でした H26.5.8 片野てつおFBより

戦後日本が失った最も大きなものは、道徳教育「修身」と神様を大事にする事「信仰」の二つだと言われています。私も同感であります。

伝えによりますと、当神社の創建は天文9年(1540)で本庄繁長の守護神として猿沢より、現在地に遷された(うつ)と言われていますーーーそのように伝わっているのであります。

ご祭神は大己貴命(オオナムチノミコト)と少彦名命(スクナヒコナノミコト)の二柱で、稲荷神社も合祀(ごうし)されています。
大己貴命は大国主(おおくにぬし)命(のみこと)の事で国土整備、農業振興、縁結び等の神様です。
少彦名命は大国主命とコンビで国造りをした、医薬、病気治療、温泉の開発等の神様です。

鍛冶町が出来たのは、江戸初期 堀(ほり)丹後(たんごの)守(かみ)直(なお)奇(より)公の時代に細工町の6軒町から現在地に移転し、新鍛冶町としたのが、元和5年(1619)9月――――今から395年前です。

ですから十二所神社は鍛冶町が出来る79年前に、既に在ったという事になります (ナルホド)

江戸時代には歴代藩主の信仰も厚く、護持されてきましたが、明治となり廃藩後は鍛冶町の住民が氏子となり、町内の守り神として大切にし、今日に至っています。

十二所神社の大神よ、請い願わくば、地域住民の幸せと、繁栄発展の良き知恵と力をお与給え。
二礼、二拍手、一拝  ハイ



スポンサーサイト

猿沢城の下見
「猿沢城」調査の下見     H26.4.12 片野てつおFBより
村上が生んだ最強の戦国武将・本庄繁長公が13歳まで育ち過ごしたといわれる
村上市猿沢の福立城(猿沢城)の下見に行ってきました。本庄繁長公の会員5人で地元の方2人に案内して頂きました。国道7号線 みどりの里の反対側の山です。
石垣など使わない時代の山城で400年以上も荒れたままになっていますので、わずかにおもかげを残す程度ですが、山道もなく、尾根づたいに登り「大変でした」
夏場は雑木や木々の葉が生い茂り景色も見えないので、春先の今を選んで行ってきました。
頂上の城あとまでは行かず、7合目位まで行ってきました。また下の方の居館跡地なども見てきました。山城全体の規模は他にあまり例がない位大規模だそうです。
今後もっとよく調査を進め、猿沢地区の活性化にもつながればいいと思いますが、
当面 山道を整備するに、100万位の予算も必要になってきます。


健民少年団入団式
村上市健民少年団の入団式     H26.4.12 片野てつおFBより
4月12日、村上市健民少年団の入団式がありました。今年は昨年より多く48名の新入団員でした。村上市健民少年団の設立は昭和36年と古く、10県の全国組織になっています(全国連合の団長は村上の佐藤 順氏)
集団活動をとおして、協力しあい、友情を深め、豊かな人間性を育む、健民少年団の活動は大変素晴らしいと思います。団員全員で「誓いの言葉」を宣べました。

健民少年団「誓いのことば」
1、力をあわせ、社会のためにつくします。
2、見聞をひろめ、友情を深めます。
3、自然を愛し、強いからだをつくります。
4、きまりを守り、礼儀を正しくします。



サケの稚魚放流式
サケの稚魚放流式           H26.4.9 片野てつおFBより
4月9日、三面川で鮭の稚魚放流式がありました。県知事はじめ多くの関係者が
お祓いをうけ、市内5小学校の生徒180人が学校で孵化させた稚魚と三面川鮭産漁協がふ化させた稚魚約5万匹を放流しました。昨年の回帰率は0.78%でした。三面川の放流式には、世界で初めて鮭の保護増殖に成功した三面川種川のこともあり、以前から、県知事が必ず参加しています(君 たけお 知事の頃から)
一般の人に、もっとPRして、村上市を日本一の「鮭のまち」にしましょう。(写真下、サケリンと握手する片野てつお)


夕日会館
桑川の「夕日会館」について  H26・4.6 片野てつおFBより
村上市の笹川流れは「名勝天然記念物」に指定され、東北の「松島」にも劣らない「美しい海の景観」で知られています。笹川流れの遊覧船や海水浴場、夕日の美しさ又岩ガキや海鮮料理など人気があります。4月6日(日)には第28回「笹川流れマラソン大会」があり2,300人位の参加者がありました(年々参加者が増えています)
現在 桑川駅の玄関口にある、観光物産販売とレストランの夕日会館(写真)
の指定管理がストップしています。
今まで市から年165万で指定を受け営業していましたが、業務報告などズサンで
あったため4月からの議会の承認が得られませんでした。
笹川流れは村上市の大切な観光地でもあり、これから観光客も多く訪れる季節
になりますので、一日も早く改善策を打ち出して頂きたいと思います。

例えば、山北町出身で「村上市のウンメモン大使」になった世界の一流シェフ
「奥田政行」さんを呼んで、夕日会館で岩かきや地魚を使った料理イベントなど
やってはどうでしょうか、私は素人ながら思います。
「アイデア次第で地域経済は活性化する」と言われています。―――――
何よりも 市の担当者は もっと「責任」と「地域活性化の使命感」をもって管理に
当たって頂きたい。猛省を促します。ハイ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。