片野てつお 元気出せ村上!
新潟県村上市で町づくりに取り組む「片野てつお」 が、ふるさと村上への思いを発信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミサイル艇うみたか入港
5月26日ミサイル艇「うみたか」が岩船港に入港し、一般見学をしていました(27日7:50出港)

全長50.1m、排水量200t、速力時速80㌔、乗員22名、ミサイルの射程は100kmです(村上~上越市まで届く)、哨戒機P-3Cのレーダーを解析し発射します。

舞鶴海上自衛隊に「うみたか」と「はやぶさ」2隻のミサイル艇が配備され、日本海をパトロールし沿岸の防備に当たっています。

平成13年に能登半島沖で不審船(北朝鮮の工作船)を海上保安庁の巡視船が追撃したところ、突如不審船が小火器、対戦車ロケット弾で攻撃をしてきた。このため日本の巡視船は正当防衛射撃で応射し、激しい銃撃戦が繰り広げられたが、不審船は自爆爆発をおこし、一瞬のうちに沈没し10名の乗組員全員が死亡、日本側も海上保安官3名が負傷した事件があった。

その後 沈没地点が中国のEEZ(排他的経済水域)のため、北朝鮮を擁護するマスコミや政治家(野中広務など)は沈没船の引き揚げには大反対したが、小泉政権は中国と交渉し、断固として不審船の引き揚げを実行した(のち中国に謝礼として1億5000万円支払われた)

工作船には最新鋭の携行兵器が積み込まれていた事が判明した。現在横浜海上防災基地内の工作船展示館に展示されている。中国然り、北朝鮮しかり、さらに韓国も「日本を属国にしようと動いている」現実を踏まえ、日本人は毅然と行動すべきと考えます。ハイ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。