FC2ブログ
片野てつお 元気出せ村上!
新潟県村上市で町づくりに取り組む「片野てつお」 が、ふるさと村上への思いを発信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


特攻隊

神風特別攻撃隊旭日隊、
海軍少佐 吹野 匡(昭和20年1月6日、比島方面にて戦死)京都大学卒26歳 

「遺言状」十九年十二月二十一日 匡
私は長い間本当に御厄介ばかりおかけして参りました。
色々不孝の上に、今又母上様の面倒を見る事もなしに先立つ不孝をお許し下さい。

昨秋、私が海軍航空の道を選んだ事は、確かに母上様の胸を痛めた事と思います。常識的に考えて、危険性の少ない道は他に幾等もありました。
国への御奉公の道に於いては、それでも充分果たされたかも知れません。

併し、この日本の国は、数多くの私達の尽きざる悲しみと 嘆きを積み重ねてこそ立派に輝かしい栄えを得て来たし、又今後もこれあればこそ栄えて行く国なのです。

私の母上はこの悲しみに立派に堪えて、日本の国を立派に栄えさせてゆく強い母の一人である事を信じたればこそ、私は何の憂ひもなしに この光栄ある道を進み取る事が出来ました。

私が、いささかなりとも 国に報ゆる所のある 益荒雄の道を進み得たのも、一に母上のお蔭であると思ひます。
母上が、私をしてこの光栄ある海軍航空の道に於て、輝かしい死を、そして、いささかの御奉公を尽させて下さったのだと誇りをもって言うことが出きます。

美しい大空の白雲を墓標として、私は満足して、今、大君と愛する日本の山河とのために死んで行きます。

※ 日本の国を守るため、多くの優秀な青年が死んでいきました。

若き特攻隊員の遺書、辞世の句を読むたびに涙を禁じえません。

----30歳で沖縄の敵艦に突入した渋谷健一大尉の辞世 「わがあとに 続かんものは数多し 固く信じて特攻は往く」ーー合掌





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。