片野てつお 元気出せ村上!
新潟県村上市で町づくりに取り組む「片野てつお」 が、ふるさと村上への思いを発信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


政府に一言
「日本政府及び外務省は国連の事務総長に抗議すべし」
 国会議員は正論を発言し国民を正しい方向に導いて頂きたい
H25.8.27 片野鉄雄(66)
8月26日、ソウルの韓国外務省で国連の潘基文(パン ギムン) 事務総長が記者会見し、日本に対し名指しで日本政府が「正しい歴史認識をもつように」という異例の発言をし、態度の変化を促した。と報道された。―――トンデモナイ発言である。

韓国の国内向けを意識したのかもしれないが中立的立場に立つべき国連の事務総長が、完全に韓国側に立った、こんな発言は絶対に許し難い。
だいたい国連の設立目的は第1条にもあるように、
国際の平和及び安全を維持することであり、正義及び国際法の原則に従って実現すること。さらに諸国間の友好関係を発展させること、
そして目的を達成させるため諸国の行動を調和する中心となる事と明記されている。
それを一方的に日本悪しの主観で世界に向かい発言することに対し、日本政府及び外務省は断固抗議すべきである。

そもそも国連の分担金は日本はアメリカに次いで毎年多額の拠出をしており英国、フランス、中国、ロシアの国連常任理事国より圧倒的に多額である、
日本は当然常任理事国になるべき立場にあるのに、それに強く反対しているのが韓国と中国である。          
因みに2012年3月の中国の国連分担金、滞納率は65%もある。それより韓国は一番多く何だかんだと言って、84%を払っていないのだ。 お話しにならないのである。
おまけに先般、韓国の朴クネ大統領が中国の習近平国家主席を訪問し、竹島と尖閣諸島をお互いに自国の領土にする事と、中国のハルピンに日本の初代総理大臣をハルピン駅で狙撃した暗殺犯、安重根(あんじゅうこん)の記念碑を建てることで了解をしている。トンデモナイ事だ。
韓国も中国も世界中に向かい、日本が盗んだ、日本が悪い、日本はもっと弁償すべきだという発信と根回しを多額のロビイスト活動費に投じている、
その成果があらわれアメリカ国内の韓国系政治家を取り込み、着々と従軍慰安婦の碑を建て全米に浸透させている。
証拠もない風聞による話を「日本は大変悪いことたくさんしました」と当時の自民党の日本政府が「河野談話として公式に発表」しさらに村山談話も内容も吟味せず、南京大虐殺しかり、従軍慰安婦然り、確かな証拠が何もなく、殆どねつ造である(多くの歴史学者が年月をかけ詳細に調査し報告書をまとめ公に発表している)、のに同様に誤り続けてきた結果、韓国と中国に逆手に取られてこのざまである。
偽りの談話は一日も早く破棄すべきである。
そうでないと戦時中の保障の問題など日本に賠償を求める訴訟が次々と出てくるのは目に見えている。
国会議員は日本の国益と日本国の独立を、そして日本国民の生命財産を守るため正しい歴史認識を持ち市民住民を指導をして頂きたい。
日本国民を守り、主権国日本を守るため愛国心の情熱をもって発言し、行動して頂くことを望むや切であります。
尚、台湾生まれの評論家、黄 文雄氏の【韓国が日本に感謝すべき七つの理由】のご一読をお奨めいたします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。