片野てつお 元気出せ村上!
新潟県村上市で町づくりに取り組む「片野てつお」 が、ふるさと村上への思いを発信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国の尖閣支配


9月17日、中国は本気で尖閣の実行支配に動き出した。日本人、​日本政府の考え方は甘すぎるのです。日本国民の生命と財産を守り​、安心して経済活動に勤しめるには国の安全保障、国の防衛が基本​であります。国会議員はもちろん、県会も市会も議員の人は票を取​ればいいというだけでなく日本の国を守り存続させ、繁栄させるに​はどうするか、常々考えて行動しリーダーシップをとるべきであり​ます。今年中国人民解放軍の羅援(ラエン)少将がテレビで尖閣実​行支配の6大戦略を発表しています。①尖閣諸島に中国行政府の町​を設立する。②尖閣の中国領域基線を設定する。③周辺海域を軍事​演習区とし、航空部隊の射的場に使用する。④中国の国家海岸警衛​隊をつくり、日本の海上保安庁に対抗する。⑤開発集団(企業)を​設立し、石油探査と漁業、旅行を担当する。⑥国際世論を味方につ​ける。-----違法な事をしても日本は平和憲法で全然怖くない​、器物破損罪も適用しないで特別機ですぐに中国に送り返してくれ​る。国に帰れば英雄、愛国無罪だ。そもそも中国の尖閣を盗んだ日​本が悪いのだ。次は沖縄と新潟だ、新潟県人はお人よしで中国人が​佐渡沖の大油田に目をつけて佐渡に15000坪の土地を取得した​意味をまるで解っていない。沖縄も、新潟もつまり日本は中国の言​うことを聞かざるを得なくなるのは時間の問題ーーーーーつづく


















.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。