片野てつお 元気出せ村上!
新潟県村上市で町づくりに取り組む「片野てつお」 が、ふるさと村上への思いを発信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


野田氏と安倍氏テレビの感想
11月25日テレビ朝日で野田首相と安倍総裁が別々に出演し 政策を主張していました。安倍さんの景気対策、国防対策などは、私によく理解出来、十分納得できるものでしたが、野田さんの考え方は日本の資本主義は悪で、北朝鮮や中国のような社会主義の国にしたいような考え方の話で、ついに馬脚を現したなと思いました。
日本は絶対に資本主義、自由主義、繁栄主義、民主主義の国であるべきです。古い誤ったマルクス・レーニン主義に洗脳された左翼の民主党幹部や社民党、共産党などの思想は断固排除しなければなりません。

日本は平和主義であり、自由と繁栄の国であり、2600年の伝統と歴史のある誇り高き国であります。再びGDP第2位の経済大国として復活し、米国、インド、オーストラリア、さらにはロシアとも通商同盟で手を組み、中国の覇権主義に歯止めを掛けなければならないと思います。そして中国が多数政党の民主的な国家となるよう戦略を進めるべきと思います。

大体野田氏は「国家無税論」を指導した故松下幸之助氏の松下政経塾の第1期生でその恩義があるにも関わらず、結果的に民主党の円高容認の経済無策により、今や日本の代表的大企業の「パナソニック」が深刻な経営危機に陥っている。民間の痛みと実態の知らない財務省と日銀の言いなりになって、大きく国益を損ねてしまった。3年間の民主党政治に対しては、国民の7割が失望したとのアンケート結果が出ています。日本よそして村上市よ、夢と希望と情熱をもって前進しましょう。ハイ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。